フォト
無料ブログはココログ

LINK

  • およめ日記
    『鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?』な、およめっちさんのBlog
  • 私の猫
    五匹の猫。。。。。いやぁ、猫カワユスです。 動画の愛らしさに萌え死ぬもよし、いっそ里親に^^;;
  • 美容師アシスタントの頑張ります日記
    東京都上野にある美容室HAIR infinity++で頑張る、スタイリストのおねいさん
  • Rose to the Ovation
    BlogPetのお友達。にゃこたんカワユスなおねいさん。

« 秋アニ、三話レヴューしてみる | トップページ

2017年11月 2日 (木曜日)

一日は映画の日、ヲジ氏、観たい映画が無く彷徨い歩く

朝晩、すっかり秋めいてまいりましたが、昼間は未だに暑いか、びっくりするほど寒いか。。。

10月は雨ばかりの荒れた天気で、ロクに歩けていませんでした。

お腹が出ちゃった。。。。ハマのダンディ、濱ヲジです。

 

出ちゃったwwwww

 

と、いうわけで。。。毎月一日は映画の日なのですが、観たい映画が見つからない。

『ヤマノススメ』というアニメを観ようかと思ってましたが、30数分で1100円とか、払う気になれないし。

では。。。天気も良いようだし、前々からプランしていたコースを歩く事としました。

ヲジ散歩、軍港から岬めぐり、です。

こんなルートでした。

20171102_00

10時半スタート、15時フィニッシュです。

で、まずは軍港、古くは黒船の来た浦賀へ。

20171102_01

ふつーwwww

なんか、駅舎が黒船とか、軍港らしいモニュメントに囲まれてるとかを期待したのですが、ふつーの駅舎です。

ここから湾の西側を南下します。

目指すは陸軍桟橋と、西叶神社です。

浦賀奉行所跡なんかもあるようですが、石垣だけみたいなのでスルー、と。

まずは造船所の横、浦賀ドックを抜けます。

20171102_02

残念ながら中は見えませんが、鉄錆びたクレーンがイイ味を出してます。

そして、陸軍桟橋へ。

20171102_03

ここから人間魚雷とか、出撃したんですかね。。。。あれって陸軍だっけ??

今は整備され、当時を偲ぶような趣はありません。

この横にある、終戦時の引き上げを祈念した碑くらいですかね。。。

20171102_06

次に、西叶神社へ移動します。

20171102_04

ここ、地井武男さんがご存命の頃の番組『ちい散歩』にも出てました。

お参りして御朱印を頂き、浦賀の渡しに乗って東側に移動します。

20171102_05

ふぁ!?

け。。。欠航っておい。。。。どうすんだ??

向かいにバス停がありましたが、次のバスははるか先。陽が暮れてしまいます(大げさ)。

しゃあない。。。。歩くか。

ってんで、一旦駅方面に戻って湾の東側を海沿いに進みます。

20171102_07

40分くらいですかね。。。大幅にロスしてしまいました。

やっとの思いで辿り着いたのは、東叶神社。

20171102_08

ここでお参りし、お賽銭に見合わないお願いをした後、御朱印を頂きました。

上の方、ちょっとシャレた感じのティールームなんかもありまして、どうやら更に上には浦賀城址があるようですがスルーwwww

20171102_09

まあここは、また今度ということで。

ちと余計に歩いたことで、足に不安は残りますが。。。。先に進みます。

海沿い、かもめ団地をグルッと回ります。

20171102_11

嵐の時とか、スゴいんだろうな、ここ。

ちなみに住んでるのは人で、かもめではありませんwww

更に歩を進めて、鴨居八幡神社へ。

20171102_12

撮影している私の背中は、すぐ海というロケーションです。

20171102_13

境内。空が美しい。

ここから観音崎に向かう途中で、ちょっと気になる祈念碑が。

20171102_14

20171102_15

先の大戦時、ソロモンで沈んだ駆逐艦 村雨の祈念碑があると。

コレは案内板で、祈念碑ではありません。

ちなみに、村雨さんです。

20171102_16

推しの提督さんは、是非、お参りを、

路地を入ります。

右手になんかこう。。。金持ちだか芸能人っぽい別荘?らしき豪邸が。

その横に、草に囲まれ佇んでおりました。

浦賀水道を見渡しながら。

20171102_17

合掌。

ちなみに、こんな感じの岬に佇んでます。

20171102_18

奥は東京電力の3本煙突がランドマークの久里浜です。

この道も、また色々なアニメで出てきますね。

たしか、ろんぐらいだぁすでも出ていたような。。。。

さて、先に進みます。

観音崎に入ると、明治時代に作られた砲台跡がそこかしこにあります。

20171102_19

時代背景と立地場所から、帝都防衛を目的にした、国内向けの設備だったのかな?

レンガがいい味を出してました。

ここから少し歩いたところ、切通を昇ると灯台が見えます。

20171102_20

小さい、そして思ってたより低い。。。。

20171102_21

うん。。。。

入り口で200円払って登ってみますが、足場は狭いし、岬の高さが加わって。。。。

20171102_22

ひっ。。。。らめぇ。。。。タマがヒュンヒュンしゅるの~~~~

あまりの怖さに速攻で降りましたwwww

灯台のすぐ下でも、コレくらいの写真が撮れます。

まっすぐ千葉方向です。

20171102_23

ちなみに、登らないからタダにしろなんて民度が疑われるような行動は謹んで下さいwww

ここで13時15分、浦賀で余計な大回りしたせいで、昼の時間が押しました。

目的の食堂を諦め、岬の入り口にある食堂へ。

20171102_24

なんかこう。。。シャレたカフェみたいな店は多々あったのですが、この日に食べた方のは漁師めしのような定食だったわけで。

この佇まい。。。。出来る!

入って頼んだのは、生涯一度も美味しいと思ったことのない『アジフライ定食』でした。

ウチの実家。。。逝った母親の作るアジフライは、背骨も腹骨も取らずに開いただけで、いっつも口の中で骨が邪魔で。。。終いには食べるのを諦めて吐き出すような粗末なものでした。

結婚した後も、アジフライだけは。。。一度だけ食べた記憶がありますが、まあそんなに美味しいものでもなかった。

故に、ここでアジフライは美味しい、と思わせてもらいたいと。

20171102_25

うん。。。。ナニこのアジ。。。。走水のアジは美味しいので有名ですが、こんなに美味いとは思ってもおらず。

身の食感はフワフワ、油ものって。。。。ナニこの美味しさ。

今のところ、生涯で一番美味しいアジフライでした。

満足したところで、馬堀海岸駅へと向かいます。

海沿いを歩くと、走水神社がありました。

20171102_26

日本武尊命とオトタチバナヒメが、房州に渡る際に荒れた海が収まるのをこの地で待っていたとか。

20171102_27

包丁塚もあり、包丁にオトタチバナヒメのモニュメント。。。。ってなにこれ。

いやいや、鬼嫁モニュメントじゃんか。。。隣にはロ助の機雷まであるし。

と。。。とりあえずお参りして御朱印を頂きました。

境内から見える景色は、また海の神社特有のそれです。

20171102_28

ここから。。。実を言うと、足がもう終わってまして、歩くのがシンドイ感じでして。

タクシーなんか流してないし、バスも。。。楽したいけど、後になって後悔しないか?

。。。。

ちと考えた結果、頑張って安っぽい達成感を取ることにしましたwww

少し道を登ったところからの景色です。

20171102_29

右手上方、高層ビル野見える所が汐入ですね。ドブ板通りなんかのある。。。

その左手、稜線のまっすぐになりかけの辺りに、目指す馬堀海岸駅があります。

。。。。。。えぇ。

が。。。20分で到着しました。15時フィニッシュ!

20171102_30

いやぁ。。。。充実した一日でした。

 

あ~、あれだ。

翌日。。。。明らかにオーバーワークで、体がだるいwwww

万歩計は2万5千弱。。。。二日分、歩いたことになります。

 

 

 

でも、それでも70kgの壁がwwww何故痩せないwwwwww

« 秋アニ、三話レヴューしてみる | トップページ

ヲジ散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425296/72121136

この記事へのトラックバック一覧です: 一日は映画の日、ヲジ氏、観たい映画が無く彷徨い歩く:

« 秋アニ、三話レヴューしてみる | トップページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30